株式会社ミツヤマ電気

やりがいの原点は、あのときの気持ち

沖縄ミツヤマ電気

営業

2014年入社

平田 大鎮Taichi Hirata

入社のきっかけ

入社前は通信制の高校に通いながら、親類の焼き鳥屋さんで夕方から夜中まで働いていました。結婚し子供が生まれて、安定的な収入・休みがある会社が良いと思っていたとき、ハローワークでミツヤマ電気を知り応募しました。私の父も総合建築、友人の多くは建築関係で働いており、電気工事の資材を取り扱うミツヤマ電気に興味を持ちました。

現在の仕事内容

入社して2年弱は配送業務を経験し、のちに営業職になりました。営業になってからは、お得意先への営業・見積作成・現場への資材配達の段取りなどを行っています。電気工事の資材は様々で、アパート・店舗の新築工事や、公共の施設、学校や庁舎など、場所によって使う材料・照明器具が違うので奥が深く、とてもやりがいがあります。例えば、アパートの現場だと大体出てくる商品、照明は限られてくるけど、公共施設だと「何だこれ?」というような照明器具も出てくる。いくらやっていても慣れることはなく、むしろやればやるほどわからないことが出てくる。だから、飽きずに仕事を楽しむことができます。

ミツヤマ電気はどんな社風?

ミツヤマ電気の社風はアットホームで、クリスマスには会社から従業員の子どもたちへのプレゼントがあったり、子どもの学校への入学などがあればお祝い金がでたり、とても暖かい環境だと感じます。仕事の体制としても、みんなで目標に向かって頑張り、誰かが苦しいときは周りがフォローしていくという感じです。

仕事でやりがいを感じた瞬間

お得意先の社長に、すごく細かく厳しい方がいて、最初は注文などを私にいただけず、何かあれば前任担当者の上司へ連絡が行ってました。早く認めてもらい、私に連絡がいただけるようにしたくて、積極的に会社へ訪問していたのですが、相手にもされず苦しい日々。間違いなどがあれば怒られていました。そんな中、めげずに訪問していたら、社長が不在の際に事務員さんが、社長は普段私のことを「平田、頑張ってる」と褒めてくれていると言うのです。その時、とても嬉しく、やりがいを感じました。そこから少しずつ信頼を得て、見積も発注などすべて私にご連絡いただけるようになりました。今では、趣味のゴルフも一緒に練習に行って教えていいただくなど、すごく可愛がっていただいています。

応募者へのメッセージ

沖縄営業所では、若い世代の営業希望の方をお待ちしています。私も20代なので、一緒にミツヤマ電気を若い力で盛り上げていきましょう!

趣味・特技
ゴルフ、ゲーム
やや空気を読める